喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

パーソナルデザインで見るアイドル その3

最後になりました。

有安杏果(緑)⇒キュート

f:id:henrirousseau:20180120002953j:plain f:id:henrirousseau:20180120003030j:plain

今回、卒業を発表された小さな巨人の有安さん。メンバーカラーは緑です。この人は、わかりやすくキュートですよね。というか、この子がキュートでなかったら、誰がキュートになるんだろう? といいつつ、顔だけ見るとちょっと大人っぽい感じもあるような? キュート3タイプのうち、どれもいける雰囲気がありますが、個人的にはボーイッシュの装いが好みです。色白で小柄なので、ちょっと儚げなガーリッシュも似合いそうです。こちらも本人がネタにしていましたが、永作博美が近いかと思います。

というわけで…予想まとめ

高城れにナチュラ

百田夏菜子⇒グレース/ロマンス

玉井詩織⇒キュート or ナチュラ

佐々木彩夏⇒ロマンス

有安杏果⇒キュート

f:id:henrirousseau:20180120004418j:plain

繰り返しますが、素人の予想です。おそらくこれを見せたら、「おいおい違うだろう」と感じる方も多いと思います……。実は全員はずれだったりして。はっちゃけた衣装を着ている5人を見たら、全員キュートに見えてきました。今後、見ていく中で予想を変えるかもしれません(無責任!)とりあえず、素人目ですが、改めてももクロはそれぞれのキャラクターが立っているグループなんだなぁ~と感じました。そういえば、これを書きながら気づいたのですが、スマップも嵐もファッショナブルがいないんだった。何ででしょうか?

 

画像元:ももっと、有安杏果①-ももっと編-(ももいろクローバーZ) | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

画像・写真 | 有安杏果 アルバム『ココロノオト』インタビュー 4枚目 | ORICON NEWS

 

パーソナルデザインで見るアイドル その2

前回に引き続き、どんどん参ります。

玉井詩織(黄)⇒キュート or ナチュラ

f:id:henrirousseau:20180119224653j:plain f:id:henrirousseau:20180119224823j:plain

みんなの妹から若大将へと脱皮した玉井さん。メンバーカラーは黄色です。キラキラした瞳に、ふっくらとしたほっぺた。「いいか!お前らー!」の凄みのなさ具合。これはもうキュートだろ!と思っていたのですが……あまりにもスタイルが良いですし、急激に大人っぽくなっているのでわからなくなりました。この人はがっつり曲線でなければ、幅広く似合う気がします。ボーイッシュ、アバンギャルドナチュラル…このうちのどれかという感じ。個人的にはアバンギャルドが好みです。小粒にピリ辛。しいていえば、長身キュートの榮倉奈々に近いと思います。

佐々木彩夏(ピンク)⇒ロマンス

f:id:henrirousseau:20180119232917j:plain f:id:henrirousseau:20180120000809j:plain

最年少のあーりん。メンバーカラーはピンクです。自己紹介にもあるように、ふっくらとしたほっぺたをしているのでキュートかと思いきや……うーん、実はロマンスではないかと。個人的には前髪を分けて、上品に巻いたスタイルが似合うと思います。なかなか良い画像が見つからず、謎のふわふわをつけたドレスアップ姿をはりました。仮にロマンスだとしても、深田恭子とか嵐の大野君みたいなちょっと可愛らしい雰囲気のロマンスな気もします。もしかしたら、小池栄子っぽいファッショナブルのパターンもあるかも?

特にモノノフではないのですが、このりんりんコンビが好きです(笑)……が、好きだからこそ、判断ができない。

f:id:henrirousseau:20180120000957j:plain

 

画像元:ももっと、玉井詩織①(ももいろクローバーZ) | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

ももっと、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)① | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

ももいろクローバーZ 佐々木彩夏 オフィシャルブログ 「あーりんのほっぺ」 Powered by Ameba

ももクロ、ジュエリーベストドレッサー賞受賞「私たちも宝石みたいな存在に」 | TOKYO POP LINE

パーソナルデザインで見るアイドル その1

すごい偶然

奇しくも、ももクロの百田さんの記事をあげた次の日に、同グループの有安さんが卒業の発表をされました。いやーすごい偶然。それで、せっかくなので、ももクロのパーソナルデザインについて考えてみたいと思います。相変わらず、勝手な素人診断です。まだプロの方が診断していない芸能人をがっつり予想するのは初めてなので、戦々恐々しております。

グループには全タイプがそろっている?

スマップしかり、嵐しかり…ジャニーズの売れているグループは、パーソナルデザインのタイプが全てそろっていると聞きます。では、ももクロはどうなのでしょうか? といっても、明確な答えはないのですが、、まぁ、私の予想というか、個人の好みはこちらです。

高城れに(紫)⇒ナチュラ

f:id:henrirousseau:20180119221217j:plain f:id:henrirousseau:20180119221743j:plain

最年長の子ですね。メンバーカラーは紫。変顔したり、にっこり笑ったりと、とっても表情豊かです。今は前髪を厚めに作り、なおかつカラコンして?、いわゆる“流行のアイドル顔”になっていますが……でもキャラクターを抜きにして考えれば、キュートではなさそうです。手足が長くスラっとしていますし、顔立ちもほっそりな印象。本人も物まねしてましたが、個人的には綾瀬はるか(もしくは木村佳乃)と同じ系統だと感じます。ただ、濃い色が似合うようですし、ファッショナブルのピリッとした“ちょい足し”が入っているのが、個人的には好みです。

百田夏菜子(赤)⇒グレース/ロマンス

f:id:henrirousseau:20180119221824j:plain f:id:henrirousseau:20180119222105j:plain

一番知名度の高いリーダーです。メンバーカラーは赤。アクロバティックなえびぞりジャンプが有名ですが、ここ最近、実は大人タイプの人なのではないかと感じています。キャラクターを知っている人からすれば、グレースもロマンスもかなり遠いイメージですが……。

あくまでグレース6割、ロマンス4割くらいの配分が個人的には好みです。サブというよりは、ほぼ半々な感じ。百田さん、ちょっとの曲線が必要とはいえ、フェミニンの細かくておとなしいレースや花柄だと、途端につまらなくなってしまう気がします。大胆でありながら、上品な曲線装飾が似合うのではないかと…(本当に好みです!)波瑠と石原さとみの中間地点にいる人だと思っています。

 

かなり見切り発車でやってしまって、結構ビビッています。パーソナルデザインの名前を借りて、個人の好みをただ連ねているだけに過ぎません。どんだけ言い訳しているのでしょう。まぁ、ほら、あの個人のブログですし。というわけで、ほかのメンバーも考えていきたいです。

 

画像元:ももっと、高城れに(ももいろクローバーZ)② | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

http://www.stardust.co.jp/profile/takagireni.html

Birthday Countdown ZERO 百田夏菜子① ももいろクローバーZ | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

 

口紅で見るアイドル

お久しぶりです

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。そしてお久しぶりです。私は相変わらずダサいままですが、なんとか生きています。人は、ダサくても生きられるのです。

口紅だいじ

そんな久しぶりな今回は、いかに口紅が大事かの話。正直、私はもともとの唇の色が濃かったこともあり、そんなに口紅の大切さを感じたことがありませんでした。二十代のときにベージュメイクが流行っていたときなどは、唇の色を消そうと必死だったくらい。でもパーソナルカラーを受けてみて、やっぱり自分に合う色の口紅をつけるのが、手っ取り早くきれいになれると実感しました。「似合う口紅をつけると肌まできれいに見える」という営業トークをよく聞きますが、あながちお世辞でもないようです。

口紅を効果的に使う

私が二十代のときよりも、今の若い人のほうが口紅を上手に活用できている気がします。濃いリップメイクが流行っているからというのもあるのでしょうが、それでもみんな上手だなぁとおばさんは感心してしまいますよ。その中でも、特に「口紅で垢抜けしやすい」と感じる芸能人がいます。ももクロ百田夏菜子さんです。

百田夏菜子

f:id:henrirousseau:20180114040835j:plain

アイドルなので好き嫌いが分かれそうなところですね。画像はブログから。百田さんは割かし存在感のある唇をしています。その百田さん、一時期、唇をグロスでテカテカにしていたことがあったんですよ。しかも色は白ピンク。ちょうど、ももいろクローバーZになってテレビに出始めたころでしょうか。もちろん十分かわいかったのですが、個人的には「もったいない!」と思っていました。せっかく華やかな顔立ちをしているのに、色のない唇をしていることが多く「メイクさん頼む!」などと勝手に憤っていましたよ。アイドルの中でも、とりわけ化粧っ気を期待されていないグループなので仕方ないのでしょうが…。

久しぶりに見たら垢抜けてる!

f:id:henrirousseau:20180114050408j:plain 

けれども! ここ最近はかなり垢抜けています。いやーもうすっかり大人っぽくなられて、びっくりです。もともと唇に特徴のある人なので、流行のリップメイクがハマったのかもしれません。そういえば石原さとみも、唇の厚さがプラスに出ているタイプですよね。最近だと青みピンクが強く出すぎている人もいますが、百田さんの場合はそれほど気にならないと思います。

f:id:henrirousseau:20180114050555j:plain

また、こんな真っ赤な口紅をしてギャグっぽい装いをしても、普通にきれいなのがすごいです。白雪姫のコスプレをしたときのようですね。

ももクロ百田さん、濃いメイクが似合いそうなので、これからどんどんやってもらいたいなーとひそかに応援しています。

そして、これだけ若くてかわいらしい芸能人でさえ、口紅で左右されるのですから、自分もせめて口紅くらいはちゃんと塗ろうと思う今日この頃です。

 

画像元:https://ameblo.jp/momota-sd/page-5.html 

Birthday Countdown ZERO 百田夏菜子④ ももいろクローバーZ | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE

セールで買ったもの

セール行きました?

世の中のセール事情に取り残されていることが多かったのですが、今年は乗っかってみました。セールでお買い物してきましたよ。とはいえ、あらかじめ買うものに目星をつけてから行ったので、なんというか「これぞ出会い!」みたいなのはなかったです。

パンプス買いました

ネットで40%オフになっていて目をつけていたパンプスが、店頭に行ったら50まで下がっていたので買いました。さっそく履いています。色は定番のもので季節問わずに履けそうです。好きな色なので、会社に行くのもテンションが上がっています。

セールの利点

普段お高くて気後れするお店にも入れるってのも、セールのいいところだと思います。とりあえず人がたくさんいて店員さんから話しかけられることもそうないですしね。もちろん安くなっているのが一番の利点なんですけど。それ以外にも冒険というか、ちょっといつもと違うものも試したくなりますよね。試着して「やっぱダメだ」とか「意外にイケる(店頭鏡マジック)」みたいなこともけっこう多いです。

そろそろ色と向き合おう

パーソナルカラーの中に似合わない色がある

私は4分割のパーソナルカラー診断しか受けたことがありません。でも実はそのPCの中でも自分に似合わない色があることを、ここ数年で痛感しています。もちろん過去にパーソナルカラーを5回受けて、5回とも同じ結果だったので、ものすごーーく納得はしているのですよ。ただ納得しているからこそ余計に、診断されたPCの中に「似合わない色」があっても、見て見ぬフリをしていたんです。正直、今持っている服もすべてPCで揃えているわけでもないですし、そんなに重要視してなかったんですよね。

向き合おう。もう大人なんだから(肌も衰えてきたのだから)

ここ最近、まぶしい日差しに照らされた自分の肌を見て、つくづく「うわ~老けたなぁ」と感じました。悲しい限りです。ただ、そこであきらめたら試合終了なので、やはり、ここは今一度パーソナルカラーに目を向けて行こうと思います。本当は16分割を受けてみたい気持ちがふつふつと湧き上がっていますが、今受けても理解できないまま終わりそうなので、我慢しています。

明るい色が苦手

骨格診断のアナとCMBの人に言われたのですが、どうも私は明度によって色の得意不得意が出やすいらしいです。確かに明るい色を着ていると、「なんか顔がボヤけるなぁ」と感じたことがあったんですよね。今まで性格が暗いから、明るい色に拒否反応を示しているだけだと思っていたのですが、どうもそれだけでもないようです。買い物同行で、PCが冬でもないのに黒をすすめられたことがあり(別のアナから2回)、なんとなく「薄い」よりは「濃い」ほうがいいのかなぁ~と、今は思っています。あと少し前に流行ったワントーンコーデで、白一色にした日にはどこかの宗教団体の人みたくなっていましたし(これはほとんどの人がそうなるかもしれません)。まだ黒とか紺一色のほうが大丈夫そう。とはいえ、やっぱり黒を着ると顔色が悪いのは明らかなので、その辺は難しいところです。ちなみにベストカラーを今一度見直したら、見事に中くらいの明るさに偏っていました。明るすぎず暗すぎず…素直にベストの色探します。

コントラストにも注目

実は骨格のアナに、服の組み合わせのコントラストにも言及されたことがありました。そのアナさんいわく、コントラスト差を決めるのは瞳の黒目と白目の差が影響しているそうです。ちなみに私は「白と紺色くらいのコントラスト差がちょうどいい」と言われました。そこそこあった方がいいって感じですね。これはすごく納得しました。実際に淡い色同士よりも、多少は明度差があった方がいい気がします。私は髪も目も暗い方で、色素薄い人とは程遠いタイプなので、淡い色同士の組み合わせだとなんか違和感が出てしまうんですよ。この辺はPDがキュートなのも関係してそうですね。

口紅は効果大

もうさんざん言われていますが、口紅って本当に大事ですね。似合わない色をつけたときの「うわ~……」といった気持ちは、忘れられません。服もいいですが、いよいよ肌の劣れを感じたとき、一番気をつけるべきは口紅なのでしょう。実際、黒を着ていても口紅さえ自分のPCのものをつかっておけば、結構どうにかなっている気がします。あくまで本人比ですが…。

まぁ、神経質になりすぎてもね

散々書いておいて本当に恐縮ですが、そんなに神経質にならなくてもいっかな~とも思っています。ぶっちゃけ服の色は気分です。明るい色を着たいときは、「ベストではないんだろうなぁ」なんて思いながらも普通に着ます。夏ですし。

ファッションスタイルと占いについて

以前もダラダラと書きましたが、また書きます。

診断中に占いを持ち込まなければ気にならない

私が以前受診したアナリストは数秘をやっている人でした。ただ、診断中に占いを持ち込むことは一切なかったので、その辺は特に気にならなかったです。実は数秘自体は別の機会に自分のナンバーを調べたことがあり、「ぜんぜん当たってないなぁー」と思っていたのです。そのときから、あまり信じていませんでした。だから診断中に持ち込まれなくて、ホッとしたのをよく覚えています。

カテゴリする楽しさ

「カテゴリする楽しさ」みたいなものはファッションスタイルと占いで似ている部分があると思います。実際、自分はパーソナルデザインも占いも、どちらも割と好きです。そのため「山羊座だから、こういう性格をしている」と同じノリで「フェミニンだから、こういうキャラになりがち」といった話になるのも、まぁ、なんとなくわかるんですよね。分類がわかるとテンション上がりますし、同じタイプだと親近感が沸いたりもします。

ただ逆説的な分類は納得できない

でも性格からタイプを判断するのは、やはり納得できません。

たとえば

  • 1月上旬生まれ→山羊座 は納得できますが、
  • 真面目で実直な性格→山羊座 は納得できません。

ファッション診断にも同じことがいえると思います。

  • 上品で女性らしい装いが似合う→エレガント は納得できますが、
  • 控えめで穏やかな性格→エレガント は到底納得できません。

その分類をする上での「基準」に沿ったやり方での診断でないと、納得できないです。また、たとえ分類されたタイプの基準となる性格に当てはまったとしても、あくまで「こういう傾向があるよね」にとどめてもらいたいと思います。中身と外見が切っても切れないのはわかりますが、あくまで「ファッション」のタイプ決めだというのを念頭に進めてもらいたいというのが、正直な感想です。

性格と服の管理についてだったら……?

ただ一点だけ、タイプと性格を直結させてもいいかもしれないと思ったのは、服の管理についてです。たとえば高級感がある装いが似合うグレースでも、アイロンがけとかが面倒だったら、ちょっとアイテムを選ぶのはアリかもしれないです。たとえばナチュラル寄りにして、少し管理しやすいものを選ぶとか。それは職場の雰囲気などにもよるかもしれないですね。もちろんリーズナブルだったり、アイロンがいらなかったりするグレース向けのアイテムはたくさんあるはずなので、そこまで神経質になる必要はないとは思いつつ……逆にナチュラルだろうがなんだろうが、服の管理はしっかりしろよって話ですしね。うーん、いずれにせよ、性格を診断の決定打にするのはよくないと思います。