読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

久しぶりに服の話【キュート/ストレート】

最近買った服

f:id:henrirousseau:20170521122148j:plain

画像元:フレア袖ブラウス(シャツ/ブラウス)|HONEYS(ハニーズ)のファッション通販 - ZOZOTOWN

ツルンとした落ち感です。ドロップショルダーも悪目立ちせず、ちゃんと肩のがっつり感を誤魔化してくれました。丈の長さも短めなので、キュート/ストレートの人にオススメですよ。ただ若干、袖がフレアになっているのが気になります。などと思って後で調べたら、商品名に「フレア袖」が使われていました。でもそこまでピラピラとしたフレアではないので、許容範囲ではないかと。

さらに襟元の後ろの開きが気になったので、後ろだけレースがついているタンクトップを合わせています。

こういうやつです↓

f:id:henrirousseau:20170521123810j:plain

画像元:http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?KAT_BTGO=C80519_110_2017_A&SHNCRTTKKRO_KBN=R6&BELN_SHOP_KBN=100

ユニクロでボトムも購入

f:id:henrirousseau:20170521124541j:plain

画像元:ユニクロ|ドライストレッチクロップドパンツ|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

こちらは短足の私がはくとクロップドにはならなかったのですが、まぁ、会社に行く分には逆によかったです。それにしても、今はサックスブルーが流行っているんですかね。お店に行ったら本当によく見ました。好きな色ではあるのですが、どうしても紺とばかり合わせてしまうことに…。難しいです。

襟元問題について【キュート/ストレート】

私は骨格診断で2度ほどストレートとの診断をもらいました。2回ともウェーブと悩まれてのストレート。その理由として「バストトップの低さ」「胸元の薄さ」「顔つき」を挙げられたため、上半身のみ一部ウェーブのような服をすすめられました。

絵で考えてみる

こちらはよく見かける骨格タイプのイラストです。

f:id:henrirousseau:20161023165947j:plain

画像元:無料骨格診断・骨格スタイル分析【カラーナビ】

しかし私の場合はどうもこんな感じらしいです。※灰色が私に近い体型です

f:id:henrirousseau:20161023170601j:plain  f:id:henrirousseau:20161023172148j:plain 青:ストレート 赤:ウェーブ

首から胸元:ウェーブ 腹腰下:ストレート(尻下の位置ウェーブ)

イラストを加工してみたのですが、超分かりにくいですね。要するに胸元はウェーブで、胸下がストレートということです。ただ、私の場合は肩も直角気味で広くガッチリ、首の長さも普通なので、その辺はストレートです。単に横から見たときに、胸元がさびしいという話です。これに加えて顔が弥生顔といいますか、卵型で肉付きの良いウェーブ要素が強い顔らしいのです。またお尻が張っている割にダレているというか、後ろから見たときに妙に長いんですよね。なんだか上半身の貧相さに対して下半身の肉付きが良い。悲しいかな、スタイル悪いちんちくりんなのです。

いけそうでいけない服

f:id:henrirousseau:20161023173553j:plain

画像元:ユニクロ WOMEN スーピマコットンモダールクルーネックT(長袖) - UNIQLO ユニクロ

なんてことのないユニクロのトップスです。こういうシンプルに胸があいているのが着こなせないです。過去に何度か「首寒そう」「サイズ大きくない?」と指摘されたことがあります。あとワイシャツでボタンをあけるのも似合わない。なんだか妙にいきがっている感じになってしまいます。ストレートの人って鎖骨出てない人が多いといいますよね。私もそうなのです。それに加えてデコルテがのびーんと間延びしているのですよ。なんともいえない情けなさなんです。

キュート・ストレートの傾向なのでしょうか?

色々なビフォーアフターを見ていて、その中で骨格ストレートの人の中には、私のように上半身にウェーブ要素がある人が結構いるのかもしれないと思いました。ハイウェストだったり胸下切り替えだと違和感が出てしまうのに、首元がつまっているのには、さほど違和感を感じない……みたいな人いないでしょうか? ストレートだけどV字にあいている良い女雰囲気のカシュクールワンピが着こなせない、みたいな感じです。

どうすれば良いのか、答えは出ない

どうすればいいんですかね。この問題に対しては私も正確な答えを出せていません。すみません。ただ折衷案としてアナリストから頂いたのは、生地やウエスト切り替えはストレートで、首元だけは丸首、ボートネックなどのストレートでもウェーブでもどちらでもイケそうな襟を選ぶことでした。普通だ。あとはシンプルなスタンドネックとか、詰襟みたいなのも良いそうです。

f:id:henrirousseau:20161023183053j:plain

↑こういうのはOKで、↓こういうのはNG。

f:id:henrirousseau:20161023182819j:plain

こういう服を着るときは大きめなネックレスをして対処すると良いとのこと。

 試行錯誤が続く

PDキュートとはいわれつつも、私は可愛いものを取り入れようとはあんまり思っていません。前も書きましたが、キュートって実は言うほどキュートでない気がするんですよね。名称に引っ張られると痛い目に遭いそうです。だから当分は変化のあるものをチョイ足ししつつ、ある程度コントラスト差がある服装だったりを目標にしていきたいです。いつまでたってもゴールが見えないです。こうやってウダウダ考えるのが楽しいだけな気もしてきました。だからいつまでたってもダサいままなのか。

何もしたくないときは何もしない

「そういうときはジタバタするしかないよ。描いて描いて描きまくる」

「それでも飛べなかったら?」

「描くのをやめる。散歩したり昼寝したり何もしない。そのうちまた描きたくなるんだよ」

こちらはジブリの名作「魔女の宅急便」で、スランプに陥って空を飛べなくなってしまったキキと絵描きの友人・ウルスラのやりとりです。ジブリはいいですね~。とはいえ、こちらのウルスラが19歳だということをウィキで知って戦慄しています。マジか…。大人っぽい子だわ。

何もしたくないが、何もしないわけにはいかない

私なんぞ仕事をしていて、絶好調のときなんか今までに一度もないです。ほぼスランプです。それってもはや能力ないだけの人ですね。あはは。だからもう、能力ない人間なんでね、散歩したり昼寝したりして過ごしたいのですよ。でも本当に何もしないわけにはいかないんですよね。なんだかんだ言って月曜日が来れば満員電車に乗って会社行かないといけないわけですから。じゃないと、食べていけないのですから。

パーソナルデザインと占いの親和性

今日は、占いに行ってきました。タロット占いです。恋愛運や仕事運など見てもらったのですが、なんだか半分以上が説教になってしまって、あんまり満足はできませんでした。「今のアドバイスって、カードじゃなくて経験談なんですか?」「カードはどう出ているんですか?」と何度か聞いていたせいか、途中から占い師さんもキレ気味で、「あーー、もう仕事も恋愛も、さっさとやめれば?」と、とても投げやりになっていました。相手も相手ですが、自分も少し大人気なかったと反省しています。

ふと思ったパーソナルデザインと似たところ

パーソナルデザインは、やもすると占いと混合されがちな場合もありますね。あくまで「外見上の分類」をしただけのはずなのに性格まで決め付けられたり、そうかと思ったら、「性格がこうだから~」という理由で分類されたり。もちろん私はアナリストではないので、そのへんの分類基準に関しては、なんともいえないです。ただ、過去に分類された人間としては、「まるで占いみたい」と思ったことが何度かありました。といってもそれは「分類する」という行為に類似性を見出しているわけではくて、アナリストと占い師の性格が似ていると思ったからなんです。

説教多し

今回の占い師さんもそうですが、本当、説教する人多いです。あれは何故なのでしょうか? 一時期、私は自分が説教される人間だからいけないのだと思い悩んでいましたが、最近になってそうではないと開き直りました。たぶん、ほとんどが時間稼ぎではないかと思っています。たとえばタロットなら、タロットのカード説明だけで時間をつぶすなんて、無理でしょう。単純にカードの意味を言うだけなら、記憶力さえあればできますが、そうではなく、相談内容に絡めて引いたカードの内容を理論立てて説明するなんて、できないんだと思います。だから曖昧な一般論や、どちらとも取れる結果だけ言って、あとは途中途中で説教をはさんで誤魔化しているのだろうな、と。もちろん、そうじゃない占い師さんのほうが多いとは思いますけどね。これを読んで怒る人は、そういう一面を持っている人でしょう。そして、パーソナルデザインのアナリストもほぼ同じなのではないでしょうか。それぞれの種類の説明や「あるある話」で時間稼ぎして、その診断者に絡めた説明はほとんどできない。もちろん、そんな人は稀だとは思いますけどね…。

 

やる気起きず

大した予定もないくせに何だか落ち着かず、ブログを書く余裕がありません。自己満足ブログなので、どうでも良いといえば良いのですが……。

やる気が出ない

骨格診断とかパーソナルデザインを受けてからブログでも色々書いたりしていましたが、今はどうでもいいなーと思って生活しています。毎日の服装もロクに考えずセーター+パンツという、超ド定番です。アクセサリーをしない日も多々あり。ある意味で制服化できていますね(笑)

パーソナルデザインを受けたことを忘れよう

パーソナルデザインを受けたことは忘れようと思っています。アナさんの言うことが、一貫していないなーと感じることがあって、もうなんだかどうでもいいやーってなってしまいました。私はキュートと言われましたが、やっぱりキュートってのは幅が広すぎて手に負えません。そして正直、まだキュートでないと心のどこかで思っています。誤診じゃないかなーと。もしかしたら、またやる気になるかもしれませんが、今はひとまず置いとこーって感じです。

そんなこんなでやる気は出ない

いまはダサいまま、ダラダラと過ごしています。

あと、どうでもいいですが美術検定について書いていたのを忘れていました。美術検定は3級合格し、2級は落ちました(笑)また今年頑張ろう。

 

【キュート・ストレート】冬のダウン

約6年も使っていたダウンを処分したので、「今年こそはちょっと良いダウンを買おう」と思って、お店をまわっていたというのに、結局はユニクロのダウンになってしまいました。私が持っているのはこちらです。

www.uniqlo.com

ユニクロですが、オンライン限定なので、そこまで人と被らないかなと思って買いました。でもフードの部分とか、ユニクロ独特の感じがあるので、結局分かる人には分かってしまうんだろうなという感じです。今はかなり値下げしていて、ほぼ定価で買ったことを後悔しています。ユニクロあるあるですね。

ダウンは骨格で選びました

私は骨格がストレートで、なおかつパーソナルデザインはキュートの人間です。が、最近は骨格に寄せて服を買うことが多いです。たとえば、こちらのダウンはキュートの人には微妙かもしれません。丈も長いですし、装飾もないので。しかし骨格ストレートの観点からみたら、その装飾のなさは、そんなに悪いものではないと思います。丈も長くて、直線的なシルエットのほうが良さそうな気がします。

ダウンは防寒重視

骨格とかパーソナルデザインの話をしておいて、申し訳ないですが、結局はダウンは機能性重視になってしまいますね。軽く防寒できて、かつ手入れが楽なものを選んでしまいます。ダウンとなると何年も着ると思うので、特にその傾向があります。オシャレ<機能性です。まぁ、普段からオシャレではないんですけどね。

ソニーのプラネタリウムを見に行ってきた話

ソニープラネタリウム

銀座にセールの売れ残り品を見に行ったら、ソニーのビルに大きく「サウンドプラネタリウム」の看板が出てたので行って来ました。楽しかったです。いやはや、無料でこんなちゃんとしたプラネタリウムが見られるなんてお得でございますよ。

ソニービル 8F OPUSにて

ソニービルのエレベーターで8Fまで上がった場所で開催されていました。ポスターがあるので田舎者でも分かりやすい場所でした。ちなみにプラネタリウムを見る会場はそこまで広くなく、地べたに体育座りして見る形式なので、動きやすい服装をオススメします。私はスキニージーンズだったので、背中が出ないか地味に不安でした。

映像と音楽

映像は会場内360度映写機?のようなもので写したものでした。実は、私はプラネタリウム経験が初めてでして、星座とか全く知識がない人間なのですが、普通に楽しめて良かったです。プラネタリウムというと星座を想像しますが、今回のは星座よりも宇宙とか惑星も多かったように思います。何と言っても無料ですからね。無料であれだけのものが楽しめるなんて、本当に有り難い話です。音楽はJUJUとオアシスでした。ファンでなくとも、美しい星座や惑星の映像とともに聴くと感動してしまうから不思議です。JUJUが歌う「Hello,Again~昔からある場所~」はマイラバのカバーなので、世代がドンピシャだったのも良かったです。仄かな「懐かしさ」「郷愁」を匂わす会場の雰囲気とも合ってました。オアシスもCMなどでかかっていることが多いので(それこそソニーのCMですね)、洋楽とはいえ馴染みのある声で、とっつきやすかった。

ナレーションは程よい距離感

ナレーションは松下奈緒さんでした。松下さんと言われても「ただキレイな女優さん」ってなイメージしかないのですが、そんな松下さんのナレーションも良かったですよ。どうでも良いこと?を話していることが多いんですよ。「進みたいけど進みたくない」「懐かしさを求めているけど、冒険もしたい」みたいな、なんか矛盾する気持ち~みたいなことをナレーションしてくれているのです。感受性もないせいか、さっぱり頭に入りません。しかしそれが良い!単に私がバカなだけなのです。何も考えずに済む、程よい距離感でしたよ。「程よい距離感」っていい言葉ですね。

ソニー展もやっているから一緒に見ればいいと思うよ

ちなみに同じビル内ではソニー展もやっていました。1980年代とかのソニー商品を展示しています。MDポータブルプレイヤーを見たらグッとくるものがありました。それぞれの青春を懐かしむのも良いかもしれませんね。