喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

セールで買ったもの

セール行きました?

世の中のセール事情に取り残されていることが多かったのですが、今年は乗っかってみました。セールでお買い物してきましたよ。とはいえ、あらかじめ買うものに目星をつけてから行ったので、なんというか「これぞ出会い!」みたいなのはなかったです。

パンプス買いました

ネットで40%オフになっていて目をつけていたパンプスが、店頭に行ったら50まで下がっていたので買いました。さっそく履いています。色は定番のもので季節問わずに履けそうです。好きな色なので、会社に行くのもテンションが上がっています。

セールの利点

普段お高くて気後れするお店にも入れるってのも、セールのいいところだと思います。とりあえず人がたくさんいて店員さんから話しかけられることもそうないですしね。もちろん安くなっているのが一番の利点なんですけど。それ以外にも冒険というか、ちょっといつもと違うものも試したくなりますよね。試着して「やっぱダメだ」とか「意外にイケる(店頭鏡マジック)」みたいなこともけっこう多いです。

そろそろ色と向き合おう

パーソナルカラーの中に似合わない色がある

私は4分割のパーソナルカラー診断しか受けたことがありません。でも実はそのPCの中でも自分に似合わない色があることを、ここ数年で痛感しています。もちろん過去にパーソナルカラーを5回受けて、5回とも同じ結果だったので、ものすごーーく納得はしているのですよ。ただ納得しているからこそ余計に、診断されたPCの中に「似合わない色」があっても、見て見ぬフリをしていたんです。正直、今持っている服もすべてPCで揃えているわけでもないですし、そんなに重要視してなかったんですよね。

向き合おう。もう大人なんだから(肌も衰えてきたのだから)

ここ最近、まぶしい日差しに照らされた自分の肌を見て、つくづく「うわ~老けたなぁ」と感じました。悲しい限りです。ただ、そこであきらめたら試合終了なので、やはり、ここは今一度パーソナルカラーに目を向けて行こうと思います。本当は16分割を受けてみたい気持ちがふつふつと湧き上がっていますが、今受けても理解できないまま終わりそうなので、我慢しています。

明るい色が苦手

骨格診断のアナとCMBの人に言われたのですが、どうも私は明度によって色の得意不得意が出やすいらしいです。確かに明るい色を着ていると、「なんか顔がボヤけるなぁ」と感じたことがあったんですよね。今まで性格が暗いから、明るい色に拒否反応を示しているだけだと思っていたのですが、どうもそれだけでもないようです。買い物同行で、PCが冬でもないのに黒をすすめられたことがあり(別のアナから2回)、なんとなく「薄い」よりは「濃い」ほうがいいのかなぁ~と、今は思っています。あと少し前に流行ったワントーンコーデで、白一色にした日にはどこかの宗教団体の人みたくなっていましたし(これはほとんどの人がそうなるかもしれません)。まだ黒とか紺一色のほうが大丈夫そう。とはいえ、やっぱり黒を着ると顔色が悪いのは明らかなので、その辺は難しいところです。ちなみにベストカラーを今一度見直したら、見事に中くらいの明るさに偏っていました。明るすぎず暗すぎず…素直にベストの色探します。

コントラストにも注目

実は骨格のアナに、服の組み合わせのコントラストにも言及されたことがありました。そのアナさんいわく、コントラスト差を決めるのは瞳の黒目と白目の差が影響しているそうです。ちなみに私は「白と紺色くらいのコントラスト差がちょうどいい」と言われました。そこそこあった方がいいって感じですね。これはすごく納得しました。実際に淡い色同士よりも、多少は明度差があった方がいい気がします。私は髪も目も暗い方で、色素薄い人とは程遠いタイプなので、淡い色同士の組み合わせだとなんか違和感が出てしまうんですよ。この辺はPDがキュートなのも関係してそうですね。

口紅は効果大

もうさんざん言われていますが、口紅って本当に大事ですね。似合わない色をつけたときの「うわ~……」といった気持ちは、忘れられません。服もいいですが、いよいよ肌の劣れを感じたとき、一番気をつけるべきは口紅なのでしょう。実際、黒を着ていても口紅さえ自分のPCのものをつかっておけば、結構どうにかなっている気がします。あくまで本人比ですが…。

まぁ、神経質になりすぎてもね

散々書いておいて本当に恐縮ですが、そんなに神経質にならなくてもいっかな~とも思っています。ぶっちゃけ服の色は気分です。明るい色を着たいときは、「ベストではないんだろうなぁ」なんて思いながらも普通に着ます。夏ですし。

ファッションスタイルと占いについて

以前もダラダラと書きましたが、また書きます。

診断中に占いを持ち込まなければ気にならない

私が以前受診したアナリストは数秘をやっている人でした。ただ、診断中に占いを持ち込むことは一切なかったので、その辺は特に気にならなかったです。実は数秘自体は別の機会に自分のナンバーを調べたことがあり、「ぜんぜん当たってないなぁー」と思っていたのです。そのときから、あまり信じていませんでした。だから診断中に持ち込まれなくて、ホッとしたのをよく覚えています。

カテゴリする楽しさ

「カテゴリする楽しさ」みたいなものはファッションスタイルと占いで似ている部分があると思います。実際、自分はパーソナルデザインも占いも、どちらも割と好きです。そのため「山羊座だから、こういう性格をしている」と同じノリで「フェミニンだから、こういうキャラになりがち」といった話になるのも、まぁ、なんとなくわかるんですよね。分類がわかるとテンション上がりますし、同じタイプだと親近感が沸いたりもします。

ただ逆説的な分類は納得できない

でも性格からタイプを判断するのは、やはり納得できません。

たとえば

  • 1月上旬生まれ→山羊座 は納得できますが、
  • 真面目で実直な性格→山羊座 は納得できません。

ファッション診断にも同じことがいえると思います。

  • 上品で女性らしい装いが似合う→エレガント は納得できますが、
  • 控えめで穏やかな性格→エレガント は到底納得できません。

その分類をする上での「基準」に沿ったやり方での診断でないと、納得できないです。また、たとえ分類されたタイプの基準となる性格に当てはまったとしても、あくまで「こういう傾向があるよね」にとどめてもらいたいと思います。中身と外見が切っても切れないのはわかりますが、あくまで「ファッション」のタイプ決めだというのを念頭に進めてもらいたいというのが、正直な感想です。

性格と服の管理についてだったら……?

ただ一点だけ、タイプと性格を直結させてもいいかもしれないと思ったのは、服の管理についてです。たとえば高級感がある装いが似合うグレースでも、アイロンがけとかが面倒だったら、ちょっとアイテムを選ぶのはアリかもしれないです。たとえばナチュラル寄りにして、少し管理しやすいものを選ぶとか。それは職場の雰囲気などにもよるかもしれないですね。もちろんリーズナブルだったり、アイロンがいらなかったりするグレース向けのアイテムはたくさんあるはずなので、そこまで神経質になる必要はないとは思いつつ……逆にナチュラルだろうがなんだろうが、服の管理はしっかりしろよって話ですしね。うーん、いずれにせよ、性格を診断の決定打にするのはよくないと思います。

PDとCMBの似ているようで違うところ 蒼井優

PDとCMBで結果が分かれている芸能人に注目しています。素人が無責任に書いています。

蒼井優

f:id:henrirousseau:20170619214917p:plain

蒼井優はPDだとロマンス、CMBだと小悪魔(PDでいうところのアヴァンギャルド)でした。PDとCMBに限らず、結果にバラつきがある人ですよね。実は私、蒼井優はPDナチュラルだとずーーっと思っていました。何せこの白い服に無造作なロングヘアの写真のイメージが強かったもので。でもよくよく見ると目が黒目がちで意地悪っぽい?感じもありますし、もっと大胆な巻き髪が似合いそうな雰囲気もありますよね。とくにここ数年は髪切ったり、また伸びたりと変化がありましたし。

セクシーなの?キュートなの?

f:id:henrirousseau:20170619215310p:plain f:id:henrirousseau:20170619215334j:plain 

正直、蒼井優はお手上げ状態です。結構昔から好きでちょいちょい見ていますが、見るたびにわからなくなります。というのも、ロマンスでも小悪魔でも、本当に少しの変化で「なんか変な服着せられてるなぁ~」みたいな感じになるので(実際けっこう尖がった服着せられてるイメージあります)。上の2つ、どっちも可愛いけど、何かが違う。「盛り」に強いのかも謎です。超素人判断で言ってしまうと、ロマンスでもサブにナチュラルをつけたい雰囲気があります。ロマンスは髪型だけで十分な気が…。一方で小悪魔要素があるとはいえ、丈の短いものが似合うとは思えない。顔の形が綺麗な卵型なんですよね。だからか目元のキリっと感とそこから下のふんわり感が同居していて混乱する。それに加えて体つきは直線的というか、華奢ですが肩幅などはがっちりしてますし。何が言いたいかというと、蒼井優は本当に謎です。

アクセサリーとヘアスタイル

f:id:henrirousseau:20170619215358p:plain f:id:henrirousseau:20170619220230j:plain

大人顔の割に目元にキュートっぽさがあるせいか、蒼井優を見ていて特にわからないのは、アクセサリーを考えたときです。たとえばイヤリングに注目してみると、下に垂れてるのより、ギュっと固まっているほうが似合うような気がするんですよね。あとネックレスをしていないことが多いのは髪型の影響でしょうか。ネックレス+イヤリングだとうるさくなるのかな~という印象も…。

かわいいしキレイ

f:id:henrirousseau:20170619220604j:plain f:id:henrirousseau:20170619221027p:plain

大胆な柄の着物も似合うし、モッサリ帽子に水玉も可愛い。蒼井優は本当にわからないです。正直、ロマンスも小悪魔も納得なんです。もっというと、「人のセックスを笑うな」に出てたときのパーカーや、「100万円と苦虫女」のダボダボジーンズも悪くないと思ってしまうんですよね。

PDとCMBどちらも納得です

深津絵里蒼井優を持ち出してみましたが、どちらが間違っているとか言いたいわけではありません。むしろどちらも納得しています。割れるのも納得というか…。実際、深津絵里蒼井優も第一印象は「可愛い」だと思うんです。でも何か一癖ありそうな雰囲気もある。それぞれの派閥で割れているのを見ると、人の印象って良くも悪くも曖昧というか、そんなに神経質に考えることないんだろうなぁとも思います。もうこれだけ可愛ければ、あとは好みですよね。

PDとCMBの似ているようで違うところ 深津絵里

なんとな~く似ているところがあるパーソナルデザインとカラーミービューティフルで、分類が分かれている芸能人がいたので注目してみようと思います。あくまで素人の自己満足です。前に分析はやめるとかなんとか書いていたくせに……すいません。

深津絵里

f:id:henrirousseau:20160527111310j:plain

深津絵里を調べたところ、PDがキュート、CMBではクラシックでした。PDとCMBで分類が違う芸能人が何人かいる中で、なぜ深津絵里に注目したのかというと、前に参考にする芸能人としてアナに挙げてもらったことがあったから。あと私もPDキュート、CMBクラシック(サブ的なものにナチュラル)なので。そういった意味では、深津絵里をすすめたPDアナはすごいです。当時「顔面偏差値が違いすぎて話にならんわ!」などと思ってすみませんでした。

何が似合う……?

f:id:henrirousseau:20160527111346j:plain f:id:henrirousseau:20160527115619j:plain

以前も書きましたが(そしてビビって消しましたが)、深津絵里はグレースに寄りすぎても、キュートに寄りすぎても、「コレジャナイ感」が出る気がします。それが二箇所の流派で判断が分かれる所以ではないでしょうか。もちろんキレイで可愛いので、何でも着こなせてしまうのですが、上の画像を見ると「もっと個性を活かせる装いがあるはず!」と欲張りになってしまいます。Vが深いドレスにパールの一連ネックレスだと少しさびしいし、かといってお団子に前髪パッツンで小さめ襟シャツだと、少しぶりっこな印象を受けます。※個人の意見です。

やっぱりモード系?

f:id:henrirousseau:20160527111331j:plain f:id:henrirousseau:20170618123331j:plain 

個人的に深津絵里はモード系が似合うと思っています。直線的でゴチャゴチャしてない装いがステキです。キュートの「ちょい足し」が重要なのかもしれません。個性的なネックレスと斜めに入ったバイカラーがあるのとないのとでは、かなり印象が違うはず。色数を抑えているほうが洗練された雰囲気が出る気がしますが、それはパーソナルカラーが冬であるところも大きいのでしょう。モード=黒がハマる。たとえばこれが夏っぽい色だったら、途端に平凡になってしまうような…(もちろん元がいいので十分キレイなんですけどね)。

画像の全体像

ちなみに、この画像の全体像がこちらです。

f:id:henrirousseau:20170617161855j:plain

なんとなく想像していたのと違いませんか? てっきりタイトスカートだと思っていたら、パンツスタイルでした。これは「パーティーといったらドレス」という私の思い込みなのか、それとも深津絵里を見てもパンツスタイルが想像しにくいのか、はたまた…? うーーーん、難しいですね。これはこれでアリだと思いつつも、やっぱり足元のダブついたデザインはいまいちなように感じます。この現象はキュートだからなのでしょうか。まぁ、何はともあれ深津絵里がクラシックとキュートの中間地点にいる人なのは確かだと思います。素人ですが、勝手にそう判断しています。

参考にするぞ!

深津絵里を参考にしよう!」などと息巻いていたこともありました。が、やはり芸能人はハードルが高いです。ましてや深津絵里は可愛いしきれいだし、眩しすぎる。もっともウダウダしていても前には進めないので、本当にちょっとずつマネさせていただこうと思います。心の拠り所的存在です。気持ち悪いな、自分。

PDとCMBの似ているようで違うところ

勝手に思ったこと

PDでキュート、カラーミービューティフル(以下CMB)でクラシック・ナチュラルだった人間が、勝手に思ったことを無責任に書きます。別にどちらかに肩入れしているとかもありません。もちろんPD=CMBとは言えないので、PD≒CMBはあるかな~?くらいのノリで書いてます。

PDのキュートはスタイル重視?

あくまで私の場合、キュートになったポイントは体型です。アナに自分がキュートになった理由をしつこく聞いたら「スタイルが悪いから」と言われました(直球で言われたのではなく、オブラードに包んで言ってくれましたが…)。やはりスタイルによる影響は大きいようです。おそらく身長が150センチ前半なら、ほぼキュート確定なのでは?と思ってしまうくらい。ちなみに私は身長150センチ台、BMI19の数字だけなら中肉でやや低身長の人間。とはいえ手足が短く骨感がないせいか、すごくデブに見えるし寸胴です。脚も足首がなくサリーちゃんみたいな脚していますよ。

CMBではハイファッションはあり得ない

CMBでのチェック項目に身長に関する質問があったので「低い」に丸をしたら、「そんなに低く見えないですよ」とアッサリ言われました。内心「やったー!」(おそらく接待してくれたのでしょう)。そして前回も書きましたが、「ハイファッション(PDでいうところのキュート)はない」とのこと。それはそれでビックリです。似通った診断でこうも割れるものなんですね。詳しく話を聞いていくと、確かにCMBのハイファッションも体格重視ではありそう…。ただPDと違うと感じたのは、CMBハイファッションは「曲線グループ」だとはっきりしているところです(一応「少女」「少年」「小悪魔」にわかれますが、説明では曲線だと言い切っていました)。さらに「盛り」に強いことも重要な点だと思います。

「盛り」がポイント

PDキュートも「盛り」に強いイメージがありませんか? 確かにそういう人のほうが多そうですが…実際は私のように「盛り」に弱い人間でもキュートになるケースもあります。ほんの少しのデザイン性があればいいんですね。あとは本人の印象が「かわいい」に寄っていたり(たとえ女性芸人みたいなかわいさでも)。けれどCMBでは、説明を聞いた限り「盛り」に強くないとハイファッションにはならなそうです。一般的に「かわいい」といわれてイメージしやすいのはCMBのハイファッションだと思います。ちなみにタイプの代表例としてあがる芸能人はまったく同じ人でした。松田聖子小泉今日子加賀まりこ、etc…。

具体例

以前も出しましたが、この服は一体どんなタイプが似合うのでしょうか?

f:id:henrirousseau:20170521122148j:plain

キュートにしてはシンプルすぎるし、ナチュラルとするには丈が短い? 少なくとも私は、キュートだと思って買いました。けれどもCMBでは「上品ナチュラルですね~」「よくお似合いです~」との答え。ファッション例をスクラップしたものを見せてもらいましたが、ナチュラルの中には吉瀬美智子が似合いそうなキレイ目なものから、それこそヒッピースタイル?ともいえるようなものまでありました…超幅広い。ちなみに私はキレイ目なほうだけ参考にするように言われました。

共通点は「印象」

言ってしまえば、どちらも印象診断なんですよね。PDはそれっぽい理由があったり、CMBはチェック項目があったりと、一見アナの中にはちゃんとした理論がありそうですが…実際受けてみるとどちらも説明があるわけでもなく、感覚で判断している様子。だから最終的には、アナの感覚に納得できるか?だと思います。正直どちらにも芸能人の分類で「?」なところもありますし…まぁ、好みですよね。それをいったらおしまいですが。

さいごに本の感想と愚痴をダラダラ…

f:id:henrirousseau:20170617120147j:plain

実は結構前にCMBの本だけは読んでいました(帯がボロい)。この本はネットでPDを調べまくった人には物足らないと思います。特にファッションスタイルについては説明が本当に少ない。「カラー~」に続く名前があらわすように、色重視なのでしょう。着やせの方法に「お似合いの色、それがあなたをスマートに見せます」という一文があったのは、さすがにモヤっとしました。いや、間違いではないのでしょうが、私みたいな素人はどんだけ色を過信しているんだと思ってしまいます。ちゃんとその後にストライプをオススメしていましたけどね。

そういえば実際に診断を受けた時、PDもCMBも「ほーら!パーソナルカラーを知れば、こんなにステキになるんですよ!」といったことをやたらと強調していました。こちらとのテンションの違いにつらくなったのを覚えています。確かに顔色が明るくなったり、フェイスラインがシュっとしたりするのはわかります。ただ、どうしても私はパーソナルカラーよりも、ファッションタイプをはっきりさせたい思いのほうが強かったのです。せめてどのくらいのコントラスト差が似合うとか、色とファッションタイプのイメージが違う場合の対処法などを教えてもらえれば…。それなのにPCばかり強調され、どうしても違和感を覚えてしまいました。もう4分割で物足りないという人だっているくらいなのに。

もちろんこればっかりはこちらの都合なので、文句言うのは違いますね。どうも愚痴っぽくなってしまいます。

またファッション診断をしに行った話

f:id:henrirousseau:20160902074217j:plain f:id:henrirousseau:20160902054827j:plain

パーソナルカラーとファッションタイプの診断を受けに行ってきました。本当に懲りないです。もう今は結果を聞きに行くのが楽しいだけな気がします。

行った場所

行ったのはカラーミービューティフル(以下、長いのでCMBと略)というところです。パーソナルデザインの原型となったと噂される某流派?ですね。とはいえ、本当かどうかはなんとも言えません。パーソナルデザインと名前が違うだけでほとんど同じような8分類なので、なんとなく関係はありそうですけどね。あと言っている内容にも類似点が多かったです。

診断の流れもほぼ同じ

診断する流れもパーソナルデザインとほぼ同じ。

  • パーソナルカラー4分類の説明
  • パーソナルカラー診断
  • ファッションスタイル8分類の説明
  • ファッションスタイル診断
  • メイクレッスン
  • パーソナルカラー36種類からベストカラー診断

結果もパーソナルカラーは同じ

パーソナルカラーはPDで出た結果と同じでした。ただメイクレッスンをしてから、さらに36種類のドレープをあてて、その中のどれが似合うか「星いくつ」的に記した資料がもらえました。これは地味に良かったです。もらえる色生地見本帳は36色。PDは40色入りだったので若干少なめですね。

ファッションスタイルは正反対

パーソナルデザインではキュートでしたが、今回はクラシック、ナチュラルという結果となりました。PDでいうところのグレースとナチュラルです。とにかく言われたのは「キレイめ」「超シンプル」。それでも正統派になりすぎてもいけないので、どこかに“ハズシ”をいれる必要があるそうです。あくまで上品なのがポイントで、素材もコットンや麻が使えるけれど、形は定番なものを選ぶと良いとのこと。デザインが極端だったり、ヒラヒラフワフワ、子供っぽいものは避けたほうが無難。短すぎず長すぎず、直線寄りでシンプルなものが似合うと言われました。

印象診断?

PDよりは納得しています。というのも、直線か曲線かをきちんと教えてもらえたので。ただ、少し腑に落ちない点もちらほらあります。まずチェック表についてです。自分でつけるチェック項目がありますが、それについての説明があまりされないのが気になりました。「この点数はクラシックとナチュラルなのよー」とは言われましたが、つけたの自分ですからね。こちらの願望を踏まえた結果になっていないか不安です。一応、受講者の認識が間違っていた場合はアナが訂正するとは言っていましたけど。うーん、本当かなぁ。

性格も判断材料に?

もっと気になったのは、このチェック項目に「性格的特徴」があること。しかも半分を占めています。その後の雑談でも「このタイプはこういう性格」という話を多くしていました。ただ、こういった雑談はPDでもあったことなので、ある意味想定内…「ああ、やっぱりな」という感じです。しかも内容もほぼ同じ。性格というかキャラは、診断するのに切っても切れないものなのかもしれませんね。あと語りやすいというのもあると思います。

ショックです

さらに年齢や生活スタイルによってファッションのタイプが変化することもありえるとのこと。これは地味にショックです。しかも私の場合は「どんなに転がってもハイファッション(PDでいうところのキュート)やロマンティックになることはない」と言い切られてしまいました。さらに「小さいころからハイファッションでないのはわかりやすかったタイプでしょうね」とも。これ、別に他所でキュートの診断をされたとか、 ハイファッションについて偏って話したわけではないんですよ。何も言わなかったのに、なぜか説明されてしまったんです。本当に不思議でした。

もちろんPDとは別物として考えないといけません

いくらPDと似ているとはいえ、同じものとして捉えてはいけないのは分っています。そもそもタイプの名前も違いますしね。便利上「PDでいうところの~」と記してしまいましたが、それが完全にイコールなのかを明らかにするのは不可能です。ただ、今回の診断でよりはっきり「かわいい」は似合わないのだと思いました。

もちろんPDを否定しているわけでもありません

散々書いておいてあれですが、ここで「PDは誤診だったんだ!」「本当はキュートではない!」と言いたいわけではありません。ただ思ったのはPDのキュートは少し特殊なんだということです。一般的な「キュート」ではないですよね。あとPDは大人になっても変わらないといいつつ、キュートの中では変わるのもアリだし、サブもキュートだけで完結できるし、ある意味「何でもござれ」なのがキュートなんですよね。