喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

PDとCMBの似ているようで違うところ

勝手に思ったこと

PDでキュート、カラーミービューティフル(以下CMB)でクラシック・ナチュラルだった人間が、勝手に思ったことを無責任に書きます。別にどちらかに肩入れしているとかもありません。もちろんPD=CMBとは言えないので、PD≒CMBはあるかな~?くらいのノリで書いてます。

PDのキュートはスタイル重視?

あくまで私の場合、キュートになったポイントは体型です。アナに自分がキュートになった理由をしつこく聞いたら「スタイルが悪いから」と言われました(直球で言われたのではなく、オブラードに包んで言ってくれましたが…)。やはりスタイルによる影響は大きいようです。おそらく身長が150センチ前半なら、ほぼキュート確定なのでは?と思ってしまうくらい。ちなみに私は身長150センチ台、BMI19の数字だけなら中肉でやや低身長の人間。とはいえ手足が短く骨感がないせいか、すごくデブに見えるし寸胴です。脚も足首がなくサリーちゃんみたいな脚していますよ。

CMBではハイファッションはあり得ない

CMBでのチェック項目に身長に関する質問があったので「低い」に丸をしたら、「そんなに低く見えないですよ」とアッサリ言われました。内心「やったー!」(おそらく接待してくれたのでしょう)。そして前回も書きましたが、「ハイファッション(PDでいうところのキュート)はない」とのこと。それはそれでビックリです。似通った診断でこうも割れるものなんですね。詳しく話を聞いていくと、確かにCMBのハイファッションも体格重視ではありそう…。ただPDと違うと感じたのは、CMBハイファッションは「曲線グループ」だとはっきりしているところです(一応「少女」「少年」「小悪魔」にわかれますが、説明では曲線だと言い切っていました)。さらに「盛り」に強いことも重要な点だと思います。

「盛り」がポイント

PDキュートも「盛り」に強いイメージがありませんか? 確かにそういう人のほうが多そうですが…実際は私のように「盛り」に弱い人間でもキュートになるケースもあります。ほんの少しのデザイン性があればいいんですね。あとは本人の印象が「かわいい」に寄っていたり(たとえ女性芸人みたいなかわいさでも)。けれどCMBでは、説明を聞いた限り「盛り」に強くないとハイファッションにはならなそうです。一般的に「かわいい」といわれてイメージしやすいのはCMBのハイファッションだと思います。ちなみにタイプの代表例としてあがる芸能人はまったく同じ人でした。松田聖子小泉今日子加賀まりこ、etc…。

具体例

以前も出しましたが、この服は一体どんなタイプが似合うのでしょうか?

f:id:henrirousseau:20170521122148j:plain

キュートにしてはシンプルすぎるし、ナチュラルとするには丈が短い? 少なくとも私は、キュートだと思って買いました。けれどもCMBでは「上品ナチュラルですね~」「よくお似合いです~」との答え。ファッション例をスクラップしたものを見せてもらいましたが、ナチュラルの中には吉瀬美智子が似合いそうなキレイ目なものから、それこそヒッピースタイル?ともいえるようなものまでありました…超幅広い。ちなみに私はキレイ目なほうだけ参考にするように言われました。

共通点は「印象」

言ってしまえば、どちらも印象診断なんですよね。PDはそれっぽい理由があったり、CMBはチェック項目があったりと、一見アナの中にはちゃんとした理論がありそうですが…実際受けてみるとどちらも説明があるわけでもなく、感覚で判断している様子。だから最終的には、アナの感覚に納得できるか?だと思います。正直どちらにも芸能人の分類で「?」なところもありますし…まぁ、好みですよね。それをいったらおしまいですが。

さいごに本の感想と愚痴をダラダラ…

f:id:henrirousseau:20170617120147j:plain

実は結構前にCMBの本だけは読んでいました(帯がボロい)。この本はネットでPDを調べまくった人には物足らないと思います。特にファッションスタイルについては説明が本当に少ない。「カラー~」に続く名前があらわすように、色重視なのでしょう。着やせの方法に「お似合いの色、それがあなたをスマートに見せます」という一文があったのは、さすがにモヤっとしました。いや、間違いではないのでしょうが、私みたいな素人はどんだけ色を過信しているんだと思ってしまいます。ちゃんとその後にストライプをオススメしていましたけどね。

そういえば実際に診断を受けた時、PDもCMBも「ほーら!パーソナルカラーを知れば、こんなにステキになるんですよ!」といったことをやたらと強調していました。こちらとのテンションの違いにつらくなったのを覚えています。確かに顔色が明るくなったり、フェイスラインがシュっとしたりするのはわかります。ただ、どうしても私はパーソナルカラーよりも、ファッションタイプをはっきりさせたい思いのほうが強かったのです。せめてどのくらいのコントラスト差が似合うとか、色とファッションタイプのイメージが違う場合の対処法などを教えてもらえれば…。それなのにPCばかり強調され、どうしても違和感を覚えてしまいました。もう4分割で物足りないという人だっているくらいなのに。

もちろんこればっかりはこちらの都合なので、文句言うのは違いますね。どうも愚痴っぽくなってしまいます。

またファッション診断をしに行った話

f:id:henrirousseau:20160902074217j:plain f:id:henrirousseau:20160902054827j:plain

パーソナルカラーとファッションタイプの診断を受けに行ってきました。本当に懲りないです。もう今は結果を聞きに行くのが楽しいだけな気がします。

行った場所

行ったのはカラーミービューティフル(以下、長いのでCMBと略)というところです。パーソナルデザインの原型となったと噂される某流派?ですね。とはいえ、本当かどうかはなんとも言えません。パーソナルデザインと名前が違うだけでほとんど同じような8分類なので、なんとなく関係はありそうですけどね。あと言っている内容にも類似点が多かったです。

診断の流れもほぼ同じ

診断する流れもパーソナルデザインとほぼ同じ。

  • パーソナルカラー4分類の説明
  • パーソナルカラー診断
  • ファッションスタイル8分類の説明
  • ファッションスタイル診断
  • メイクレッスン
  • パーソナルカラー36種類からベストカラー診断

結果もパーソナルカラーは同じ

パーソナルカラーはPDで出た結果と同じでした。ただメイクレッスンをしてから、さらに36種類のドレープをあてて、その中のどれが似合うか「星いくつ」的に記した資料がもらえました。これは地味に良かったです。もらえる色生地見本帳は36色。PDは40色入りだったので若干少なめですね。

ファッションスタイルは正反対

パーソナルデザインではキュートでしたが、今回はクラシック、ナチュラルという結果となりました。PDでいうところのグレースとナチュラルです。とにかく言われたのは「キレイめ」「超シンプル」。それでも正統派になりすぎてもいけないので、どこかに“ハズシ”をいれる必要があるそうです。あくまで上品なのがポイントで、素材もコットンや麻が使えるけれど、形は定番なものを選ぶと良いとのこと。デザインが極端だったり、ヒラヒラフワフワ、子供っぽいものは避けたほうが無難。短すぎず長すぎず、直線寄りでシンプルなものが似合うと言われました。

印象診断?

PDよりは納得しています。というのも、直線か曲線かをきちんと教えてもらえたので。ただ、少し腑に落ちない点もちらほらあります。まずチェック表についてです。自分でつけるチェック項目がありますが、それについての説明があまりされないのが気になりました。「この点数はクラシックとナチュラルなのよー」とは言われましたが、つけたの自分ですからね。こちらの願望を踏まえた結果になっていないか不安です。一応、受講者の認識が間違っていた場合はアナが訂正するとは言っていましたけど。うーん、本当かなぁ。

性格も判断材料に?

もっと気になったのは、このチェック項目に「性格的特徴」があること。しかも半分を占めています。その後の雑談でも「このタイプはこういう性格」という話を多くしていました。ただ、こういった雑談はPDでもあったことなので、ある意味想定内…「ああ、やっぱりな」という感じです。しかも内容もほぼ同じ。性格というかキャラは、診断するのに切っても切れないものなのかもしれませんね。あと語りやすいというのもあると思います。

ショックです

さらに年齢や生活スタイルによってファッションのタイプが変化することもありえるとのこと。これは地味にショックです。しかも私の場合は「どんなに転がってもハイファッション(PDでいうところのキュート)やロマンティックになることはない」と言い切られてしまいました。さらに「小さいころからハイファッションでないのはわかりやすかったタイプでしょうね」とも。これ、別に他所でキュートの診断をされたとか、 ハイファッションについて偏って話したわけではないんですよ。何も言わなかったのに、なぜか説明されてしまったんです。本当に不思議でした。

もちろんPDとは別物として考えないといけません

いくらPDと似ているとはいえ、同じものとして捉えてはいけないのは分っています。そもそもタイプの名前も違いますしね。便利上「PDでいうところの~」と記してしまいましたが、それが完全にイコールなのかを明らかにするのは不可能です。ただ、今回の診断でよりはっきり「かわいい」は似合わないのだと思いました。

もちろんPDを否定しているわけでもありません

散々書いておいてあれですが、ここで「PDは誤診だったんだ!」「本当はキュートではない!」と言いたいわけではありません。ただ思ったのはPDのキュートは少し特殊なんだということです。一般的な「キュート」ではないですよね。あとPDは大人になっても変わらないといいつつ、キュートの中では変わるのもアリだし、サブもキュートだけで完結できるし、ある意味「何でもござれ」なのがキュートなんですよね。

アジサイが好きです

写真を整理していたら、かなり前に撮ったアジサイの写真が出てきたので載せます。

f:id:henrirousseau:20170604161851j:plain

f:id:henrirousseau:20170604161908j:plain

f:id:henrirousseau:20170604161921j:plain

f:id:henrirousseau:20170604162451j:plain

f:id:henrirousseau:20170604162503j:plain

f:id:henrirousseau:20170604162517j:plain

f:id:henrirousseau:20170604162717j:plain

パーソナルカラーを受けたときにサマーの色で紹介されました。

個人的にはとても好きな色です。

久しぶりに服の話【キュート/ストレート】

最近買った服

f:id:henrirousseau:20170521122148j:plain

画像元:フレア袖ブラウス(シャツ/ブラウス)|HONEYS(ハニーズ)のファッション通販 - ZOZOTOWN

ツルンとした落ち感です。ドロップショルダーも悪目立ちせず、ちゃんと肩のがっつり感を誤魔化してくれました。丈も程よく短めなので、キュートの人にオススメかもしれません。ただ若干、袖がフレアになっているのが気になります。などと思って後で調べたら、商品名に「フレア袖」が使われていました。でもそこまでピラピラとしたフレアではないので、許容範囲ではないかと。

さらに襟元の後ろの開きが気になったので、後ろだけレースがついているタンクトップを合わせています。

こういうやつです↓

f:id:henrirousseau:20170521123810j:plain

画像元:http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?KAT_BTGO=C80519_110_2017_A&SHNCRTTKKRO_KBN=R6&BELN_SHOP_KBN=100

ユニクロでボトムも購入

f:id:henrirousseau:20170521124541j:plain

画像元:ユニクロ|ドライストレッチクロップドパンツ|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

こちらは短足の私がはくとクロップドにはならなかったのですが、まぁ、会社に行く分には逆によかったです。それにしても、今はサックスブルーが流行っているんですかね。お店に行ったら本当によく見ました。好きな色ではあるのですが、どうしても紺とばかり合わせてしまうことに…。難しいです。

襟元問題について【キュート/ストレート】

私は骨格診断で2度ほどストレートとの診断をもらいました。2回ともウェーブと悩まれてのストレート。その理由として「バストトップの低さ」「胸元の薄さ」「顔つき」を挙げられたため、上半身のみ一部ウェーブのような服をすすめられました。

絵で考えてみる

こちらはよく見かける骨格タイプのイラストです。

画像元:無料骨格診断・骨格スタイル分析【カラーナビ】

しかし私の場合はどうもこんな感じらしいです。※灰色が私に近い体型です

f:id:henrirousseau:20161023170601j:plain  f:id:henrirousseau:20161023172148j:plain 青:ストレート 赤:ウェーブ

首から胸元:ウェーブ 腹腰下:ストレート(尻下の位置ウェーブ)

イラストを加工してみたのですが、超分かりにくいですね。要するに胸元はウェーブで、胸下がストレートということです。ただ、私の場合は肩も直角気味で広くガッチリ、首の長さも普通なので、その辺はストレートです。単に横から見たときに、胸元がさびしいという話です。これに加えて顔が弥生顔といいますか、卵型で肉付きの良いウェーブ要素が強い顔らしいのです。またお尻が張っている割にダレているというか、後ろから見たときに妙に長いんですよね。なんだか上半身の貧相さに対して下半身の肉付きが良い。悲しいかな、スタイル悪いちんちくりんなのです。

いけそうでいけない服

f:id:henrirousseau:20161023173553j:plain

画像元:ユニクロ WOMEN スーピマコットンモダールクルーネックT(長袖) - UNIQLO ユニクロ

なんてことのないユニクロのトップスです。こういうシンプルに胸があいているのが着こなせないです。過去に何度か「首寒そう」「サイズ大きくない?」と指摘されたことがあります。あとワイシャツでボタンをあけるのも似合わない。なんだか妙にいきがっている感じになってしまいます。ストレートの人って鎖骨出てない人が多いといいますよね。私もそうなのです。それに加えてデコルテがのびーんと間延びしているのですよ。なんともいえない情けなさなんです。

キュート・ストレートの傾向なのでしょうか?

色々なビフォーアフターを見ていて、その中で骨格ストレートの人の中には、私のように上半身にウェーブ要素がある人が結構いるのかもしれないと思いました。ハイウェストだったり胸下切り替えだと違和感が出てしまうのに、首元がつまっているのには、さほど違和感を感じない……みたいな人いないでしょうか? ストレートだけどV字に胸元が大きくあいているイイ女風のカシュクールワンピが着こなせない、みたいな感じです。

どうすれば良いのか、答えは出ない

どうすればいいんですかね。この問題に対しては私も正確な答えを出せていません。すみません。ただ折衷案としてアナリストから頂いたのは、生地やウエスト切り替えはストレートで、首元だけは丸首、ボートネックなどのストレートでもウェーブでもどちらでもイケそうな襟を選ぶことでした。普通だ。あとはシンプルなスタンドネックとか、詰襟みたいなのも良いそうです。

f:id:henrirousseau:20161023183053j:plain

↑こういうのはOKで、↓こういうのはNG。

f:id:henrirousseau:20161023182819j:plain

こういう服を着るときは大きめなネックレスをして対処すると良いとのこと。

 試行錯誤が続く

PDキュートとはいわれつつも、私は可愛いものを取り入れようとはあんまり思っていません。前も書きましたが、キュートって実は言うほどキュートでない気がするんですよね。名称に引っ張られると痛い目に遭いそうです。だから当分は変化のあるものをチョイ足ししつつ、ある程度コントラスト差がある服装だったりを目標にしていきたいです。いつまでたってもゴールが見えないです。こうやってウダウダ考えるのが楽しいだけな気もしてきました。だからいつまでたってもダサいままなのか。

何もしたくないときは何もしない

「そういうときはジタバタするしかないよ。描いて描いて描きまくる」

「それでも飛べなかったら?」

「描くのをやめる。散歩したり昼寝したり何もしない。そのうちまた描きたくなるんだよ」

こちらはジブリの名作「魔女の宅急便」で、スランプに陥って空を飛べなくなってしまったキキと絵描きの友人・ウルスラのやりとりです。ジブリはいいですね~。とはいえ、こちらのウルスラが19歳だということをウィキで知って戦慄しています。マジか…。大人っぽい子だわ。

何もしたくないが、何もしないわけにはいかない

私なんぞ仕事をしていて、絶好調のときなんか今までに一度もないです。ほぼスランプです。それってもはや能力ないだけの人ですね。あはは。だからもう、能力ない人間なんでね、散歩したり昼寝したりして過ごしたいのですよ。でも本当に何もしないわけにはいかないんですよね。なんだかんだ言って月曜日が来れば満員電車に乗って会社行かないといけないわけですから。じゃないと、食べていけないのですから。

パーソナルデザインと占いの親和性

今日は、占いに行ってきました。タロット占いです。恋愛運や仕事運など見てもらったのですが、なんだか半分以上が説教になってしまって、あんまり満足はできませんでした。「今のアドバイスって、カードじゃなくて経験談なんですか?」「カードはどう出ているんですか?」と何度か聞いていたせいか、途中から占い師さんもキレ気味で、「あーー、もう仕事も恋愛も、さっさとやめれば?」と、とても投げやりになっていました。相手も相手ですが、自分も少し大人気なかったと反省しています。

ふと思ったパーソナルデザインと似たところ

パーソナルデザインは、やもすると占いと混合されがちな場合もありますね。あくまで「外見上の分類」をしただけのはずなのに性格まで決め付けられたり、そうかと思ったら、「性格がこうだから~」という理由で分類されたり。もちろん私はアナリストではないので、そのへんの分類基準に関しては、なんともいえないです。ただ、過去に分類された人間としては、「まるで占いみたい」と思ったことが何度かありました。といってもそれは「分類する」という行為に類似性を見出しているわけではくて、アナリストと占い師の性格が似ていると思ったからなんです。

説教多し

今回の占い師さんもそうですが、本当、説教する人多いです。あれは何故なのでしょうか? 一時期、私は自分が説教される人間だからいけないのだと思い悩んでいましたが、最近になってそうではないと開き直りました。たぶん、ほとんどが時間稼ぎではないかと思っています。たとえばタロットなら、タロットのカード説明だけで時間をつぶすなんて、無理でしょう。単純にカードの意味を言うだけなら、記憶力さえあればできますが、そうではなく、相談内容に絡めて引いたカードの内容を理論立てて説明するなんて、できないんだと思います。だから曖昧な一般論や、どちらとも取れる結果だけ言って、あとは途中途中で説教をはさんで誤魔化しているのだろうな、と。もちろん、そうじゃない占い師さんのほうが多いとは思いますけどね。これを読んで怒る人は、そういう一面を持っている人でしょう。そして、パーソナルデザインのアナリストもほぼ同じなのではないでしょうか。それぞれの種類の説明や「あるある話」で時間稼ぎして、その診断者に絡めた説明はほとんどできない。もちろん、そんな人は稀だとは思いますけどね…。