喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

喪女の住む街【北千住駅】

引越し貧乏という病におかされ、暇さえあれば、あの街に引っ越したらどうかしら?あの街なら会社までどれくらい?家賃は?スーパーは?という妄想をしている愚かな人間の記録です。

f:id:henrirousseau:20150925132220j:plain

*1

北千住駅

最近、千代田線の看板の誤植が見つかったタイムリーな北千住駅。千代田線だけでなく日比谷線、東武線、JRと乗り入れており、正に東京東側の門番・アクセス抜群な駅です。東京駅まで約20分、新宿まで約30分、渋谷まで約35分。しかし足立区というとあまり治安の良くないイメージ。確かに電車内でワンカップのお酒を持ち込んで飲んでいるおじさんや、道行く女性に暴言を吐いているおじさんなどの目撃情報をよく耳にします。しかし北千住を見捨てるのはまだ早いです。防犯さえしっかりすれば、北千住ほど便利で住みよい街は中々ないのです。

ルミネとマルイという圧倒的存在感

北千住の二大巨頭、ルミネ・マルイです。この巨頭によって北千住は足立区の主要駅のひとつとして君臨しているのです。実際、駅から直通で行けて便利です。何が良いって北千住という都内東寄りの下町ローカル臭のおかげで、喪女でも都会的なルミネ・マルイに何の躊躇もなく行けることです。そうです、北千住とは、下町ローカル臭と都会的ハイソなセンスがバランス良く混在している街なのです。そういう意味ではこの上なく喪女に優しく、また需要を満たす街だと言えるでしょう。

荒川・スーパー・図書館

まず自然溢れる荒川が駅から歩いていける距離にあります。スーパーは宿場町商店街内や駅から少し離れた場所におっ母さん食品館があります。足立区立中央図書館も駅から徒歩圏内です。「自然・食・娯楽」が一つに集まっているのは魅力的ですね。

防犯を考える

北千住に住むにあたり、まず優先すべきは防犯です。喪女だからといって油断してはいけませんよ。というか、いざというときに助けを呼べない喪女だからこそ、油断してはならぬのです。たとえ少々お高くついてしまっても、駅近で比較的明るい道を通って帰れるマンションを選ぶことをオススメします。北千住のワンルームの家賃相場は6万ちょい、1Kなら7万ほどです(ホームズより)。都内だと平均的か、利便性を考えれば安い方かなとも思います。北千住はシングル向け物件が多くありますよ。たとえ築年数が経っていてもリノベーションなどしてキレイになっている物件もありますし、下町気質でもあるので、地元の不動産屋さんを多くまわると掘り出し物が見つかるかもしれません。ただ下町特有のマイルールに馴染めない場合もあるので気をつけて。幸い駅前には夜遅くまでやっているお店もあるので、帰宅民の波に乗れば比較的安全に人通りのある道を帰れる物件も多いです。

自然災害

北千住は自然災害にはあまり強くないといわれています。地震が起こった場合、街内に木造建築が多く残ることから火災や、また河川近くであることから地盤についても不安視されています。もし北千住に住むのなら、いざという時の備えを万全にする必要がありそうです。

「ダサい」が住みやすい北千住

埼玉と千葉からの人々を優しく受け入れ、なおかつ都内なのにどことなく「ダサい」雰囲気が抜け切れない北千住。しかしその「ダサさ」こそが住みやすさに繋がっているのだと思います。

*1:画像は千代田線北千住駅の看板