喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

本当に怖いのは、逃げた先にある日経WOMAN

結婚したくないからと日経WOMANに手を出すと深手を負う

結婚はしたくない。でも一人で生きていく計画もままならない。となるとやはり「とにかくお金だけは貯めておかなきゃ!」になります。しかし軽い気持ちで日経WOMANとか立ち読みすると、婚活ブーム以上の痛手を負います。手取り月17万の26歳で1000万とか貯めているのがザラにいます。うまいこと節約してます!みたいなこと書いてあっても、結局は実家住まいで「ああ、やっぱりね、実家だから貯められるんだよね」とか思って安心していると、今度は手取り月25万の30歳一人暮らしが2000万貯めてたりする。運用とか分からないし、ニーサって何だよ?

不労所得という言葉が魅力的だけど怖い

普通に働いて2000万だなんて、平均的な30歳OLには無理な話です。そうなると大体が、株など資産運用に頼るか、もしくは副業で会社とは別の収入源を持つかだと思います。しかし、そのためには当たり前ですが、たくさん情報を集めて、その情報を効果的に活用できる頭がないといけない。必要ならばセミナーや講座に参加することもあるし、社会の動きに敏感になって、人脈作りも、専門的な勉強をするのも大事。無駄遣いせず、しかし自分への投資は見極めて、家賃、保険料、通信費の固定費カットなどの基本的な節約はもちろん、自炊をしたり、資産運用について勉強し、効率よくコツコツお金を貯める方法を探る。あれ?なんか結婚から逃げた先にある世界もキツイぞ。

幸せって何だっけ?何だっけ?

なんだか結婚と独り身の極端な例を挙げてしまいましたが、表立って出てくるのがこういう分かりやすく二極化されたものが多いですよね。いや、自分が情弱なわけじゃねぇっス!多分!ただ自分みたいな非正規雇用で、これから夢も希望も愛も勇気も根気も元気もない人間が、どうやって生きていけばいいのか、本当に分からないです。不安のあまり、夜中に結構な音量で叫んでいるときがあります。昔はお化けが怖かったけど、大人になってそれ以外のものも怖くなって、恐怖で叫ぶんですね。「わーっ!」と。隣部屋に住む若夫婦の飼っている小型犬がたまに応えてくれます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ