喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

バレンタインはちょっと高めのチョコを自分に買う日

今の季節、バレンタイン商戦真っ只中ですね。そりゃデパートの地下も揺れますわ。

「バレンタインとか面倒くさいからやめようよ」って誰か言え

そもそもバレンタインなんかお菓子メーカーの戦略で、全く宗教とも関係ない行事だというのは有名な話です。それでも数年前まであった「好きな人に贈る」という行為が多数を占めていた時は、まだマシだったように思います。少なくとも個人が勝手に片思い相手にチョコを送りつければ良かったのですから。しかし昨今のバレンタインは、個人の片思い相手よりも、職場なり学校なりでお世話になったと「される」人物に送らなければいけない日になりました。正直そこまでお世話になったかどうかは、いまいち微妙です。「お中元贈るほどじゃないけど、とりあえず同じ空間で毎日過ごしているから」みたいな曖昧な理由で、それぞれ特に好きでも嫌いでもない人にチョコを贈らなければならない。あげる方もあげる方ですが、貰う方も面倒くさいですよね。「別にチョコ好きでもないけど、もらったからにはお返ししないと」となってしまう悲劇。職場で思っている人も多いと思います。「面倒くさいからやめようよ」って誰か言え、と。しかし自分からは言えない。あくまで自分は「いやーどっちでもいいけど?」みたいなスタンスでいる。

プレゼントでセンスをはかる恐怖

プレゼントセンスの良い人は、人付き合いも上手な人が多いですね。人との距離感とか、相手が何を望んでいるのかとか、きちんと把握している印象です。逆にこういうバレンタインで、私のような人間が大きく外してしまい、改めてセンスのなさ、ひいては人付き合いの下手さを露見させてしまうことがあります。例えば大容量のチョコを買って行って「ご自由にお取りください」方式にして、結局最後まで誰も取らずに大量に余ったりね。悲しい過去ですね。でも大企業とか大人数の職場になると女性陣で集まって代表者に買ってきてもらったり、色々工夫されることもありますね。まぁ、それはそれで「代表にはなりたくない」という恐怖と戦う羽目になりますが。

今年は日曜日

今年のバレンタインは日曜日です!いやー良かった!これで面倒くさいどうこうがなくなるぜ!と思っても油断はできません。「あれ?これ日曜だから別にわざわざ用意しなくてもいいよね?え?まさか金曜日にあげたりするの?え?マジで?あげるの?やっべー用意してないわ!」となるOLさんも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。面倒くさいですね。でも安心してください。私は特に用意していませんよ。というかここ2、3年は全く用意していません。何となく昨今は「バレンタイン気にする人ってちいせぇな」という人も増えていますし。時代のせいか、高級チョコを会社に持っていくよりも、「一目で義理と分かるチョコレート」を買う人が多い。この辺の気遣い加減は難しいので、いくら時代がバレンタインを頑張らない風潮になっても、やっぱり今度はその風潮に合った振る舞いをしなくてはならない。やっぱりバレンタインって面倒くさいものです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ