喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

化粧品を買い漁る

私は十代のときから既に汚肌だった人間です。軽度のアトピー肌で、日光を長時間浴びたり、辛いものを食べたりすると発疹が出るアレルギー体質でもありました。なので基礎化粧はとにかくシンプルに低刺激のものばかり使っていました。ですが、ここ数年はストレスのない生活のおかげか肌荒れは落ち着いてきたので、色んな化粧品を買い漁っています。今まで色物は「就職活動のため」「社会生活のため」とか義務的に選んだものばかりだったので、純粋に楽しいです。節約する部分もありますが、徐々に人並みに化粧を楽しめるようになっている気がします。「ブスだけど化粧したブスになろう!」と開き直ったのもあるかもしれません。

オバジC5セラム

f:id:henrirousseau:20160228135441j:plain

ドラッグストアでやたらと手厚いPOPが目立っているオバジ。毛穴に良いらしいので使ってみました。最初、肌がピリピリしたので「これはないかな」と思ったのですが、2回目以降は大丈夫でした。特に毛穴に効いているとも思いませんが、これを使ってから化粧のりが良くなりました。化粧くずれもマシになった気がします。ただやっぱりシリーズの中で一番低価格の美容液でも、私にとってはお高いので続けるかは考えどころです。でも乾燥からのインナードライが改善されて、オイリー肌もマシになったので、なんやかんやでなくなったら買ってしまいそうです。

ヴィセ リシェ リップ&チーク BE-8 プラムベージュ

f:id:henrirousseau:20160228135520j:plain

買うつもりはなかったのに買ってしまいました。かなり良いです。結構薄付きですが、それが良い。パーソナルカラー夏に合うチークだと思います。結局ベージュと言いつつピンク寄りですが、渋めのピンクです。練りチークなので油分が多いのかと思いきや、意外にサラサラしています。その分消えるのは早いかもしれません。物足りないときや化粧直しのときは、ケイトのPK1を上からブラシでうす~くのせたりもします。これといって劇的に何かが変わるというものではないですが、自然に馴染んでいます。多分この「自然に馴染む」が私のような汚肌にとっては大事な気がするので、しばらく使っていこうと思います。リップ&チークという商品名ですが、リップで使用したことはありません。なんとなく乾燥しやすい固めテクスチャで、唇には使いにくそうです。

メイクは難しい

正直パーソナルカラー夏でオススメされる色物は、あまり好みでないものが多かったのです。明るい青や紫のシャドウ、青みよりピンク・レッドのチークやリップがあまり好きでなかった。汚肌で地味顔の自分がつけると、化粧頑張ってます感が出てしまうものが多い気がしました。特にリップは一歩間違うとバブルの人になってしまう。妙に若作りに仕上がったり。いくら肌がキレイに見えても、やっぱり若作りとか痛い感じは嫌なので気をつけたいです。これでもう少しラメが少ないものがあれば良いのに。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村