読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

会社はブルーベース?

パーソナルデザインにロマンスが入っているのではなかろうか?というロマンス美人な人が職場にいます。仮にこの方をAさんとします。Aさんは見た感じはおっとりとした美人さんです。そんなAさん、最近になって急にブルーベースの物を着ていることが多くなりました。そこで気付いたことがあります。「もしかしてAさんはイエローベースの人かもしれないぞ」と。

部署の雰囲気

私の職場の女性陣はブルーベースの服を着ている人が多いです。オフィスカジュアルはブルーベースの物が多いのでしょうか?それとも日本のアパレル自体がブルーベースが多いのか?ふと見ると部署にいる人、全員がグレーのニットでもろ被りだったこともあるくらい。それくらい弊社の女性陣に浸透しているブルーベース。そんな影響もあってか、Aさんもここ最近ブルーベースの服を多く着るようになりました。ただAさんは入社当時、トマトレッドやサーモンピンクなど、イエローベースの中でも彩度の高い春の服を素敵に着こなしていることが多かったのですよ。なのに、ここにきて急にブルーベースです。うーん、Aさんに何が?単純に季節柄だけでもないような?

上司が着ている色はうつる

実は同じ部署の責任者がいつもブルーベースで全身をコーディネートされている人なんですよ。彩度が高い冬の服、化粧でバシッと決めてらっしゃることが多い。私は密かに、この上司のコーデがAさんに影響をもたらしているのでは?と考えています。というのもAさんは以前ガーリッシュな服装をして、心無い人から「派手すぎる」と言われていたことがあったのです。確かにAさんはガーリッシュな服よりは、もう少し大人っぽくて上品な服のほうが似合う雰囲気があります。が、別にガーリッシュの服がそこまで浮いていたわけではないのです。もっと言うとAさんのしていた服装なら、他の人もよく似た物を着ていました。しかし指摘されたことから、Aさんは服装に気を使うようになってしまったようです。そして気を使うあまり、せっかく似合う色を自分で選んでいたのに、似合う色よりも「浮かない色」を選ぶようになってしまったのではないか?と邪推しております。Aさんだけでなく私も含め、部署の女性陣は夏の色、もしくは黒を着ていることが多いです。もしかしたら皆「浮かない色」を知らず知らずのうちにチョイスしているのではないか?

上司は冬なのに部下は夏?

冬の色でコーディネイトしている責任者(女性・40代)に対して、何故か同じブルーベースでありながら彩度が低い夏の色ばかり被ってしまう部下達。よく夏の色は日本人に好まれやすいと聞きますが、それってつまり社会生活で浮かない色なんですよね。グレーやネイビーなど無難な色が多い。上司のようなハッキリとした彩度の高い色には手が出しにくいが、彩度が低い夏の色なら取り入れやすい(気がする)。春を着るよりも分かりやすく上司と仲間っぽい。冬と春なら同じ高彩度が似合うグループですが、それよりも色相が同じグループの夏の方が分かりやすく仲間!な雰囲気があります。そして上司よりも目立たない(あくまで気がする)。

イエローベース(推定)の人が着る夏

色白信仰を持っていた私でも、Aさんが夏色を着ると血色がなくなり似合っているとは言い難いように思えます。病的というか、元気がないように見える。Aさんは美人さんなので、もっと堂々と似合うもの着ていれば良いのに!と、ついついブスで愚鈍な私は思ってしまうのですが、もしかしたらAさんは美人な故に、女性が多い職場で気を使っているのかもしれない、とも思ってしまうのです。特にロマンスの人は昔から女性性を隠す人が多いと聞いたこともありますし。

邪推だyo!

そうはいっても邪推ですけどね。もしかしたら私の目が腐っていて、Aさんはロマンスでもなくイエローベースでもないのかもしれません。もっと言うと職場の女性陣も夏の色でなく、ありとあらゆる色の服を自由に着ているのかもしれません。うん、結局は分からんです。まぁ、私は夏の色の服を着て行きますけどね。