喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

またファッション診断をしに行った話

f:id:henrirousseau:20160902074217j:plain f:id:henrirousseau:20160902054827j:plain

パーソナルカラーとファッションタイプの診断を受けに行ってきました。本当に懲りないです。もう今は結果を聞きに行くのが楽しいだけな気がします。

行った場所

行ったのはカラーミービューティフル(以下、長いのでCMBと略)というところです。パーソナルデザインの原型となったと噂される某流派?ですね。とはいえ、本当かどうかはなんとも言えません。パーソナルデザインと名前が違うだけでほとんど同じような8分類なので、なんとなく関係はありそうですけどね。あと言っている内容にも類似点が多かったです。

診断の流れもほぼ同じ

診断する流れもパーソナルデザインとほぼ同じ。

  • パーソナルカラー4分類の説明
  • パーソナルカラー診断
  • ファッションスタイル8分類の説明
  • ファッションスタイル診断
  • メイクレッスン
  • パーソナルカラー36種類からベストカラー診断

結果もパーソナルカラーは同じ

パーソナルカラーはPDで出た結果と同じでした。ただメイクレッスンをしてから、さらに36種類のドレープをあてて、その中のどれが似合うか「星いくつ」的に記した資料がもらえました。これは地味に良かったです。もらえる色生地見本帳は36色。PDは40色入りだったので若干少なめですね。

ファッションスタイルは正反対

パーソナルデザインではキュートでしたが、今回はクラシック、ナチュラルという結果となりました。PDでいうところのグレースとナチュラルです。とにかく言われたのは「キレイめ」「超シンプル」。それでも正統派になりすぎてもいけないので、どこかに“ハズシ”をいれる必要があるそうです。あくまで上品なのがポイントで、素材もコットンや麻が使えるけれど、形は定番なものを選ぶと良いとのこと。デザインが極端だったり、ヒラヒラフワフワ、子供っぽいものは避けたほうが無難。短すぎず長すぎず、直線寄りでシンプルなものが似合うと言われました。

印象診断?

PDよりは納得しています。というのも、直線か曲線かをきちんと教えてもらえたので。ただ、少し腑に落ちない点もちらほらあります。まずチェック表についてです。自分でつけるチェック項目がありますが、それについての説明があまりされないのが気になりました。「この点数はクラシックとナチュラルなのよー」とは言われましたが、つけたの自分ですからね。こちらの願望を踏まえた結果になっていないか不安です。一応、受講者の認識が間違っていた場合はアナが訂正するとは言っていましたけど。うーん、本当かなぁ。

性格も判断材料に?

もっと気になったのは、このチェック項目に「性格的特徴」があること。しかも半分を占めています。その後の雑談でも「このタイプはこういう性格」という話を多くしていました。ただ、こういった雑談はPDでもあったことなので、ある意味想定内…「ああ、やっぱりな」という感じです。しかも内容もほぼ同じ。性格というかキャラは、診断するのに切っても切れないものなのかもしれませんね。あと語りやすいというのもあると思います。

ショックです

さらに年齢や生活スタイルによってファッションのタイプが変化することもありえるとのこと。これは地味にショックです。しかも私の場合は「どんなに転がってもハイファッション(PDでいうところのキュート)やロマンティックになることはない」と言い切られてしまいました。さらに「小さいころからハイファッションでないのはわかりやすかったタイプでしょうね」とも。これ、別に他所でキュートの診断をされたとか、 ハイファッションについて偏って話したわけではないんですよ。何も言わなかったのに、なぜか説明されてしまったんです。本当に不思議でした。

もちろんPDとは別物として考えないといけません

いくらPDと似ているとはいえ、同じものとして捉えてはいけないのは分っています。そもそもタイプの名前も違いますしね。便利上「PDでいうところの~」と記してしまいましたが、それが完全にイコールなのかを明らかにするのは不可能です。ただ、今回の診断でよりはっきり「かわいい」は似合わないのだと思いました。

もちろんPDを否定しているわけでもありません

散々書いておいてあれですが、ここで「PDは誤診だったんだ!」「本当はキュートではない!」と言いたいわけではありません。ただ思ったのはPDのキュートは少し特殊なんだということです。一般的な「キュート」ではないですよね。あとPDは大人になっても変わらないといいつつ、キュートの中では変わるのもアリだし、サブもキュートだけで完結できるし、ある意味「何でもござれ」なのがキュートなんですよね。