喪風に吹かれて

もてない女が生きやすくなるために薄ぼんやり模索するブログ

【パーソナルデザイン】アラサーのキュート

気温が上がるにつれて、日々の洋服に悩んでいます。もう毎日同じ服で出勤したいくらい。部署にもよるのですが、うちの会社は割かしオシャレな方が多い気がします。会議など人が集まる場所に出ると、改めて「私ってダサいんだなぁ」と思い知らされています。つらい。

キュートに振り切る休日

f:id:henrirousseau:20170703071823j:plain f:id:henrirousseau:20170703071838j:plain

ここのところは夏のせいか、休みの日は割とわかりやすいキュートです。会社に着ていけない服をここぞとばかりに着ています。夏だと気持ちもオープンになるというか、なんか冒険できる雰囲気がありますね。服を変えるなら夏からやってみるのはいいかもしれません。

スタンドカラー

あと首が短いくせにスタンドカラーが多く、気づいたら持っている服の半分が襟が立っているものとなっていました。とはいえ、骨格ストレートなので、生地に「凸凹」や「ヒラヒラ」があるのは避けています。これは骨格以前に、単純に好みもあります。

キュートの中から自己診断

完全に自己診断です。私は過去のPD以外の診断から直線寄りなのは明白なので、キュートでもガーリッシュではないだろうと思っています。まぁ、PDを受ける前からガラス細工の繊細な雰囲気とは縁遠いタイプなのはわかっていました。おそらくボーイッシュかアバンギャルドなんだろうなーという感じ。しいていうなら、「カジュアルが似合わないボーイッシュ」「盛りに弱いアバンギャルド」というか…いずれにせよ、要素を入れるにしても、ほんの少しでしょう。年齢的なものなのか、単純に「盛り」に弱いからか…。

アラサーキュートの難しさ

ただでさえ年取ったら服が難しくなるのに、キュートはさらに難しいですね。もう服がわからずつらいです。ちなみに会社ではキレイ目ナチュラルな格好をしていますが、特に服装について言われたことはありません。